[Wix Speaker Round] Jesús Rosales-Ruiz.p

ヘスース・ロザレス・ルイス博士

ヘスース・ロザレス・ルイスさんは、北テキサス大学の行動分析学部の准教授です。彼は、行動分析学の二人のパイオニアであるドナルド・ベアさんとオグデン・リンズリーさんの指導の下、1995年にカンザス大学で博士号を取得しました。ヘスースさんは、アニマルトレーニングを理論的な視点と応用的な視点から研究している、世界でも数少ない科学者です。彼と彼の教え子は、アニマルトレーニングの科学と実践への理解に、大いに貢献してきました。ヘスースさんの研究分野は以下の通りです:随伴性の先行事象における行動への影響、般化(学習した行動が別の状況や環境で起こること)、「Behavioral Cusps」、流暢性(正確さとスピード両方を伴う行動)を元にした教育手法、自閉症の治療、学術指導、ルール支配行動と随伴性によりシェーピングされた行動。

彼は、以下のような学術雑誌の編集幹事を務めてきました:「The Journal of Precision Teaching(Precision Teachingに関する学術雑誌)」、 「The European Journal of Behavior Analysis(ヨーロッパの行動分析学に関する学術雑誌)」、「The International Journal of Psychology and Psychological Therapy(心理学と心理療法に関する国際学術雑誌)」。彼は、以下の学術雑誌の査読者としても活躍しています:「The Journal of Applied Behavior Analysis(応用行動分析学に関する学術雑誌)」、「 The Journal of Neuroscience Methods(神経科学手法に関する学術雑誌)」、 「Behavioral Processes(行動プロセスに関する学術雑誌」)と 「PLOS ONE」。ヘスースさんは、「Eastern Psychological Association(東心理協会)」の参与や、「Cambridge Center for Behavioral Studies(ケンブリッジ行動学センター)」の理事をされている他、「Association for Behavior Analysis International(国際行動分析協会)」の会員でもあります。