Sean Will

ショーン・ウィル

ショーン・ウィルは、北テキサス大学で行動分析学を専攻し、ヘスース・ロザレス・ルイス教授のもとで研究し、修士号を取得しました。大学院では、ロザレス・ルイス教授の指導の元、コンストラクショナル・アフェクション(Constructional Affection)を開発し、地元のアニマルシェルターで動物の生活の質と、施設の運営の効率の向上を目標としたコンストラクショナル・シェルター・プログラムの開発に取り組みました。彼は15年間プロのトレーナーとして、動物のケアをしているご家族や団体にコンサルテーションをしてきました。現在、フロリダ工科大学で博士過程で、問題解決をするスキル(problem solving)とアニマルトレーニングを研究しています。
2020年に、西牟田真麻とともにConstructional Approach to Animal Welfare and Training (CAAWT)を設立しました。NPO団体CAAWTのミッションは、動物の行動、ケア、「問題」と感じる行動の解決策を、教育的なコンテンツを共有し、ご家族とコンパニオンアニマルの生活の質を向上することです。真麻とともに、月に一回のポッドキャスト(英語)を公開し、年に一回のカンファレンスを開催しています。